Wixで作成したサイトをウェブマスターツールに登録する

■ Wixで作成したサイトをウェブマスターツールに登録する

筆者は以前から個人アカウントでwebやマーケティングの事以外にもあれこれ書いているブログを開設しています。

そちらの流入キーワードを見てみると、以前はweb広告やMac関係の記事への流入が多かったのですが、最近になってWixの使い方に関するエントリへの流入が増えているようです。

その中でも、ウィックスをウェブマスターツールに登録する設定のしかたに関する記事へのクリックが特に多いようですし。

■ ウェブマスターツールへの登録のしかた

Webmaster toolsはサイトを追加(サイトの所有権を確認)するときには、HTMLファイルをアップロードしたり、タグを埋め込んだりする方法が一般的です。
しかしWixはHTMLを直接編集することができないので、それらの一般的な方法が取れません。
Wixのユーザー特性から考えて、直打ちでHTMLの編集ができるかどうかということまでは、おそらくWixを使う前にはあまり考えないので、苦労して一通りサイトができ上がっていざウェブマスターツールに登録しようかという時に、初めてこの問題にぶちあたる訳ですね。

せっかくここまで作ったサイトを無駄にしたくはないので、なんとかこのまま登録できないか・・・そういう思いでいろいろ検索して、「wix ウェブマスターツール」なんかのキーワードで調べていただいた方達が、私のBlogにきていただいていると思います。

本来はエントリの転載は自分の書いた記事だとしても重複コンテンツ化する可能性があるので、あまりしない方が良いのですが、このブログを読んで下さる方には興味があるのではないかと思いますので、あえてこちらに転載いたします。

さて、それではWixでつくったウェブページをGoogleのウェブマスターツールに登録する方法です。
※個人ブログの記事から少し加筆修正していますのでご了承ください。

なお、このエントリを検索してきた方は、ウェブマスターツールの基本的な使い方はすでにご存知だと思うので詳しくは書きません。ご了承ください。

1.Google Webmaster Toolsで「サイトを追加」する
WixでつくったページのURLを入力して「サイトを追加」をクリック

2.所有者確認
「おすすめの方法」は使えないので、「別の方法」のタブを選ぶ

3.確認方法
複数ある確認方法のうち「ドメイン名プロバイダ」を選ぶ
「ドメイン名プロバイダ」を選択すると、”TXTレコードをDNS設定に追加しろ”という趣旨のメッセージとともに下の様なコードが表示されるので、これをコピーします。

例: google-site-verification=hogehogexxxxxxxxxxxxxxxxx….

ここまでがGoogleウェブマスターツール側での事前作業です。
なお、まだ「確認」が残っていますので、ページ(タブ)は閉じないで残しておきます。

次からはWix側の作業

4.Wixにログイン

5.マイアカウントから「ドメイン」を選択

6.マイドメインの中から、追加したいURLの「管理」をクリック

7.ドメインレコードの「管理」をクリック

8.TXT(テキスト)欄の「新しいTXTレコードの追加」をクリック

9.TXT値に3でコピーしたTXTレコードを張りつけて、「追加」
注意:この時、TXT名には何も入れないで下さい!TXT名は空白にしておかなければなりません。

wixtxtdemo

ここまでがWixでの作業です。

次はまた、閉じないでおいたGoogleウェブマスターツールに戻ります

10.「確認」をクリック
エラーがでなければ、これで完了です。
お疲れさまでした。

弊社では、なるべくご自身でwebマーケティングをおこないたい企業様・個人事業主様のために、有料・無料にかかわらずWixをはじめてする各種ツールの比較や使い方のレクチャーをするサービスもおこなっております。購入、設定、運営はお自身でおこなっていただきますので、格安でご相談を受けたまわれます。
興味のある方は、コンタクトフォームからお気軽にご相談ください。


Tagged on: , ,