ウイルスバスターで自分のホームページが未評価と表示される場合の対処法

先日、知人から思いがけない一言を掛けられました。

弊社のwebサイトをGoogleで検索すると危険なページと表示されているというのです。

もちろんそんな心当たりはありません。

何かの見間違いだろうと思い放っておこうとしたのですが、しかしその知人は「なんとかしたほうがよい」と本気で心配してくれています。そこでその危険な表示というのはどういうものなのか、改めてよく聞いてみると以下の2点がその特徴のよう。

  • 検索結果の横に「はてなマーク(?)」が付いている
  • 検索結果の背景が灰色になる

Googleの検索結果でそんな表示がされることは見た事も聞いた事もありませんので、これはGoogleではなく何か別のものを見ているのではないかと思い、この特徴をもとにちょっと調べてみました。

するとどうやら、ウイルスバスターを入れているパソコンで検索すると、そのような表示になるという情報を見つけました。

ウィルスバスターのTrendプロテクトを有効にしていると、検索したwebページが安全かどうか、トレンドマイクロのデータベースと照らし合わせて、安全・危険・不審・未評価の表示をするとのこと。筆者はウイルスバスターを使った事がないのでまったく知りませんでした。

<Trendプロテクトとは>

Trendプロテクトは、対応検索エンジンの検索結果画面で、それぞれのリンク先の安全性を評価し、Webブラウザと連携することで、アクセスしようとしているWebサイトに関連するセキュリティリスクについて警告します。

Trend ツールバーはバックグラウンドで自動的に動作し、Webサイトを監視します。
また、検索結果一覧の各リンクの左横に、判定結果のアイコンが表示されます。

trendprotect

Trendプロテクトでの表示イメージ


確かにこんな感じの表示になったら、クリックするのは躊躇しますよね。

知人からの報告によると弊社のページは「未評価」で、「危険」や「不審」ではないようですが、一般ユーザーはおそらくそんなところまで見ていないので、「?」マークが付いてグレーになっているだけで危険なサイトと判断してアクセスしていただけない可能性が高いです。

はっきり言って迷惑です。しかし、単に「評価してませんよ」と事実を表示しているだけで、不当に悪く判定されている訳でもないので、文句の付けようもありません。

評価したサイトに「評価済み」と付ける分にはまだ良いですが、わざわざ「未評価」なんていってユーザーが勘違いしそうなマークを付けるなんて、ある意味大きなお世話ですよね。

しかし嘆いてばかりいても仕方が無いので、ここは一つトレンドマイクロ様に評価をしていただいて、少しでもアクセスに対するマイナス要素を減らす努力をします。

ウイルスバスターを発売するトレンドマイクロ社のQAやサポートページをいろいろ調べてみると、比較的簡単に評価の依頼をするフォームが見つかりましたが、それはトレンドマイクロ製品ユーザーが製品のシリアル番号等を入れないと申請できない設計になっています。

ウイルスバスターユーザーが検索していて未評価の表示に出くわした場合に「このページを評価してください」と申請する為のフォームですね。

しかしこれでは私は申請できません。なぜなら私の環境にはトレンドマイクロ製品を入れているものはなに一つありませんから!

気を取り直していろいろとキーワードを変えながら検索スキルを駆使して調査し、何百ページも目を皿にして探したところ、遂に申請フォームが見つかりました!

それがこちらSite Safety Center http://jp.sitesafety.trendmicro.com/index.php

このページでURLを入れて「今すぐ確認」し、もし未確認であれば、「評価内容変更のリクエスト」ができます。

なお、その他の評価の場合も「評価内容変更のリクエスト」ができるようなので、万が一何かの間違えで不当に「危険」等の評価をされた場合もこちらから再評価を申請すればよさそうです。

ところでSite Safety Centerには誇らしげに次の文言が掲げられています。

世界最大級のドメインデータベースを持つトレンドマイクロのWebレピュテーションは、Trend Micro Smart Protection Networkの中核を成すコンポーネントです。

その「世界最大級」のデータベースには、弊社のコーポレートサイトは補足されていなかったという訳ですね。残念。

なお、弊社フジヤマワークス株式会社のコーポレートサイトの評価ですが、申請後中1日で「安全」になりました。

これはトレンドマイクロユーザーでなければ一生気がつかないかもしれない不都合ですが、上のページから簡単にチェックおよび申請ができますので、是非一度チェックしてみてください。

では。

 


Tagged on: