SSL証明書がSEOに与える影響

鍵の束

少し前のニュースになりますが、2014年8月7日にGoogleはSSL通信に対応しているwebサイトを検索順位においてSSL非対応のサイトよりも優遇する旨の発表をしました。

GoogleはそれまでもSSLの使用を推奨はしていましたが検索順位決定においては関係がないと言っていましたので、180度の方針転換になります。

ホームページを自分で制作していたり、日々の運営をしているウェブマスターの皆さんの中には、この影響がどこまであるのか心配になっている方もいらっしゃるでしょう。

SSLの導入には安くても数千円から、平均すると数万円の支出になってしまいます。レンタルサーバーには無料のsslを使えるものもありますが、それらは共有SSLと呼ばれるもので、サイトを独自ドメインで運用している場合は実質的に使えないものです。

つまりSSLの導入には少なくないコストが掛かりますので、多くのウェブ運営者が、できるものならSSLの導入を先延ばししたいと思うのではないでしょうか?

そこで今回は、私見にはなりますが、現在SSLを導入していないサイトに、SSLをすぐに導入すべきかどうか、SEOの観点から考察してみたいと思います。

結論から申し上げると、あわててSSLを導入する必要性は低いと考えます。

その理由をいくつか上げると・・・

  • SSL証明書の導入よりも優先度の高い対策が他にも沢山ある
  • 海外の事例から、今回の変更による影響はまだ小さいと考えられる
  • SSLを導入するコストが高額である
  • 安易にSSLを導入すると、サイトエラーを起こしかねない(綿密な準備=コストが必要)

これらのことを総合的に判断して、今SSなしで問題無く運営されているホームページであれば、しばらくは今のままで問題ないでしょう。

※ただし、運営しているページがフォーム等で個人情報を取得するサイトであるならば、SEO対策とは別の意味でSSLの導入を進めるべきです。この場合は検索順位の問題ではなく、個人情報漏洩のリスクという別の大きな問題がありますので、コストを掛けてでも早急な対応が必要です。

中長期的に考えた場合はSSLの検索順位に対するインパクトが相対的に大きくなる可能性はありますが、この数ヶ月で大きく変わるとは考えにくいです。

であるならば、リスクを伴うSSL化を慌ててすすめて、かえって総合的なサイト価値を低める結果を招くよりも、まずはコンテンツの充実化や内部対策による最適化を進めるべきだと筆者は考えます。

現在のところSEO的な観点に立てばSSLは検索順位決定のあくまでも一要素に過ぎないことを肝に命じ、一時的なニュースに惑わされる事無く日々のホームページ運営を真っ当に行いましょう。

ただし、優先度の高い業務をこなしたうえで、その次にきちんと計画を立てながら安全なSSL化を進めるべきであることは言うまでもありません。SSL化は無駄だとか、やならくて良いという訳では無いので、お間違え無く。


Tagged on: , ,