スマホ向け簡単クレジットカード決済サービスを比較

スマホに挿して使うカードリーダーを検討中。 調べてみると少しずつ違うので、比較表にまとめてみました。

 SQUAREコイニーPayPal Here楽天スマートペイ
手数料率3.25%(手動決済3.75%)3.24%3.24%3.24%
決済可能カードVISA Master AMEXVISA Master セゾンVISA Master AMEXVISA Master AMEX JCB Diners DISCOVER
リーダー価格1台目無料(2台目以降1000円)1台目無料(2台目以降2580円)オープン価格(実勢価格1300円程度)1台目無料(2台目以降2980円)
支払サイト翌営業日(三井住友・みずほ以外は水曜〆金曜払い)月6回10日後3〜6営業日入金依頼の翌営業日
入金手数料無料10万未満200円、10万以上無料5万以上無料210円(楽天銀行の口座へは無料)
支払回数一括のみ。分割やリボは不可一括のみ。分割やリボは不可一括のみ。分割やリボは不可一括のみ。分割やリボは不可
提携会社三井住友カードクレディセゾン非公開楽天カード
対応OSiOS6.0以降/AndroidOS2.3以降iOS5.0以降/AndroidOS2.3.3以降iOS5.0以降/AndroidOS2.3.3以降iOS5.0以降/AndroidOS2.3以降(スマホ)・AndroidOS4.0以降(タブレット)
領収書の印刷iPadのみプリンター対応。iPhone, AndroidはNG紙で発行したい場合は市販のプリンターでのプリントアウト(5万円前後)PayPal Here専用のプリンター(商品名:incross/価格:税込36,720円)レシート・領収書を紙で発行したい場合は、楽天スマートペイ対応のプリンター・キャッシャーを別途用意 SM-S210i
レジ機能あり(iPadのみ)なし(スマレジ連携は可)ありなし(poscube,ユビレジ連携は可)
Android対応対応機種に注意対応機種に注意SoftBankのみ。docomo, auは不可対応機種に注意
プリンター対応機種に注意対応機種に注意対応機種に注意対応機種に注意
注意点JCB使えない。海外企業である(サポート体制)。自己決済禁止セゾンカード以外はJCB, AMEXが使えないJCB使えない。SontBankでないとAndroid端末が使えない(iPhone, iPadはOK)楽天BK以外は振込手数料必須。自己決済禁止。取引履歴上限500件。
楽天銀行から銀行への振込手数料,3万未満165円,3万以上258円。ゆうちょ銀行本人名義へは103円

調査は11月7日現在

 

こうしてみると結構細かいところで違う事が分かります。

一番大きいのはJCBを使えるのは楽天スマートペイしかないということ。PayPal HereもJCBとの提携を発表していましたが、11月になった今日現在でもまだ使えるようにはなっていません。2014年3月目処で開始する予定が夏頃に伸びたまま、秋を過ぎてもできていないということは何か事情があるのでしょうか…

こうしてみると楽天スマートペイ一択の様にも見えますが、楽天スマートペイのネックは楽天銀行以外への入金には必ず手数料が掛かるということ。楽天銀行に口座を開けば良いとも思えますが、そうしても今度は楽天銀行から引き出すにも手数料がかかりますので(条件次第では無料になる事もある)悩みどころです。

PayPal HereはSonftBankの回線でないとAndroid端末では使えないかもしれません。以前はアプリがダウンロード自体できなかったのですが、一応現在ではdocomoからでもインストールまでできます。ただし実機で契約して試した訳では無いので使えるかどうかはなんとも言えません。さんざんネット上の情報を探したのですが、PayPal Hereの公式ページはおろか個人のブログでも最新の情報が不明だったので、使えるとの明言は避けさせて頂きます。
それとPayPalはあらたにアカウントを作る場合の手続が恐らく4社中一番大変です。私個人は数年前からPayPalユーザーでプレミア登録も済んでいますが、その認証がものすごく手間だった記憶があります。素人にはオススメできないレベルかもしれません。

なお、領収書を印刷するプリンターですが、各社いろいろなことを書いてはありますが、実はSquare以外対応プリンターの中身は同じようです。金額も違いますがこれは公式ページの更新タイミングで実勢価格が違っていた為と思われます。
ただし自分の使い方を想定するとプリンターは不要かなあと思うので、ここは検討対象外の項目です。

コイニーはセゾン以外で発行したJCB, アメックスが使えないの(12/1訂正)がネック。他社もそうですが、お客様のカードはVISAとMASTERだけとは限らないので、いざという時のことを考えると躊躇してしまいます。

※(12/1追記)コイニーは12月1日から現金決済の割合が高い「医療」と「自動車」の2業種に対して、「JCB」「American Express」「Diners Club」「Discover」の4ブランドの扱い申込受付を開始しました。まだ、高額決済が見込める2業種に対してだけということで、誰もが使えるということではありませんが、今後取り扱い拡大を検討していくということなので、今後に期待しましょう。

SquareもJCBが使えないのがネックです。なんとなくSquareを使うのがカッコいいと思うので、個人的には一番使ってみたいたいのですが。
カードリーダーが安くいざというときにAmazonで買えるのは安心なポイントです(コイニーのカードリーダーもアマゾンで購入可能ですが少し高い)。
それと入金(振込)手数料が無料というのは大きな魅力です。回転資金的にも多いに助かりますが、帳簿のつけ方等で毎日の売上を通帳に記載したい場合も手数料を気にせず振込依頼ができるのはメリットと感じる方も多いのではないでしょうか。
しかし重ね重ねJCBが使えないのが残念です。早く使えるようにしてください・・・

となると、今の段階では多少入金手数料がかさんでも、楽天スマートペイかなあというのが、今のところの感想です。

 


Tagged on: ,