SEOのためのサイトマップの作り方

東西南北を表した絵。羅針盤のイメージ

SEOに適したサイトマップ

SEOでいうサイトマップは、クローラーにホームページの構造を教えるためのものです。

ウェブマーケティングやSEO初心者が「サイトマップ」と聞くと、「あー、あのホームページの最後の方に、どこにどんなページがあるかページタイトルが一覧で書いてあるヤツでしょ」と思うかもしれません。
作り方にしても、「テキストでツリー状に書けば良いんでない?」と思うかもしれませんね。

確かに、サイトを訪れた人に対してはそれでサイトマップの用は足ります。

しかし普通のテキストで書いただけでは、SEO的な目的では意味がありません。
クローラーは普通のテキストは収集できますが、意味までは読み取れないのです。

「ただテキストだけじゃなくページにリンクさせればいいんでしょ」と思った方、おしい!
適切にサイト内リンクがされていれば、クローラーは隈無くまわることができるので目的は果たせます。

しかしページのタイトルだけでホームページの構造を正確に漏れなく表記することは非常に難しいのです。

 XMLサイトマップ

そこで、クローラーが理解できる言語で、クローラーの為の詳細なサイト構造のリストを作成してあげるのです。
人の為のサイトマップとはちがい、クローラーの為のサイトマップはXML形式のサイトマップ 「 sitemap.xml 」 です。

xmlもテキストファイルですが、普通のページ本文に使うテキストとは違って、ページの表面には出てきません。このファイルをサーバーにアップしてもページとして表示はされません。

クローラーがサイトを訪れた時に、このsitemap.xmlがあると、クローラーはこのsitemapに書かれたサイト構造の情報を元にして、すべてのページをインデックスしてくれます。
※その為にsitemap.xmlは、サイトのトップ階層に設置しなければなりません。

逆にsitemapに書かれている(あるはずの)ページのファイルが実際にはなかった場合には、エラーになるので要注意です。
※エラーがあると直ちに順位が下がるわけではないのですが、エラーがいつまでも放置されていたり多過ぎたりすると更新が遅くメンテナンスもされていないサイトと見なされて評価が上がりにくい可能性はあります。

つまりページを更新したり、コンテンツを追加したりした時に、サイトマップがあることで、もれなくインデックスしてもらう助けになるのです。
※必ずしもGoogleがすべてをインデックスを保証している訳ではありませんがデメリットは何もありません。

sitemapがなくても、適切にコーディングされたホームページであれば、クローラーはすべてのページをクロールできるので、sitemap.xmlファイルは実は必須のファイルではありません。

しかし、(最近はかなり優秀になっていますが)動的にページを生成するようなプログラムが組まれているとクローラーはその先のページに遷移することが苦手です。
また、どんなに注意してもリンク切れが起きたりするヒューマンエラーもあります。
リンクが切れていなかったとしても、サーバー側のタイムアウトなどの問題で、クローラーがコードの最後まで読む前に戻っていってしまうこともあります。

sitemapを設置しておけば、クローラーは事前にサイト内にあるものをすべて把握できますので、上記のようなクロール漏れを防ぐことができます。

せっかく追加したコンテンツがいつまでもインデックスされないともったいないですよね。

無くても良い物にコストをかけるのは無駄なように思えるかもしれないですが、サイトマップはそれほど手間がかかる作業ではありませんし、保険としての効果も絶大ですので、SEOを実践するウェブマスターは是非というか必ず実行してください。

sitemap.xmlファイルの作り方

もちろん自分でエディターを使って書くことも出来ますが、ここは簡単にツールの使用をおすすめします。
使いやすいツールとしては
「sitemap.xml Editor」 http://www.sitemapxml.jp がおすすめです。
取得できるページ数に1000ページの上限がありますが、初心者が使う場合に越えることはないでしょう。

他にもXMLサイトマップ作成ツールはいろいろなものが出ていますので、興味のある方は調べてご自分の目的にあったものをお使いください。

なお、コンテンツを追加したり大幅にリニューアルしたような場合は、置いておくだけでなく、ウェブマスターツールの機能を使って能動的に送信するとより安心です。

左メニューのクロール>サイトマップ のページ右上のボタン「サイトマップの追加/テスト」からサイトマップの送信ができます。

ところで誤解して欲しくないのですが、sitemap.xmlファイルだけあれば人間用のサイトマップは不要ということではありません。
sitemap.xmlはあくまでもクローラーの為のものですので、人間の閲覧を補助するためのサイトマップもやはりあったほうが親切です。
ホームページの価値とは、検索エンジンにとってではなく、あくまでもそれをつかう人間にとっての価値です。
XMLサイトマップは、そのサイトの価値を漏れなく検索エンジンに伝えるための補助手段であるということをお忘れなく。

もっともサイトマップがなくても迷わずすべてわかるホームページであることが一番良いことですけどね。

webマーケティングとは、簡単にいえばwebを使って売れる仕組みをつくることですから、せっかく作ったウェブサイトの価値を少しでも上げて、集客に結びつけるように心がけましょう。