順位変動きました

検索結果順位が変動

サイトリニューアルから丸4日経過したところで、とうとう順位に変化で出てきました。

結果からいうと、全体的に下がっています。

ある程度予想して覚悟もしていましたが、やはり実際に下がるとちょっとショックですねー。

具体的な変動はここでは書けませんが、キーワードによっては一気に10位以上下がっているものもあります。かと思えば数位しか下がっていないものもあるので、一概にサイト全体の評価が下がっている訳ではなさそうです。

多くのページ(特にブログ記事)で検索結果に表示されたページが無くなり、代わりにTOPページにリダイレクトしているので、インデックスの再収集が一回りしたところで検索ワードとのマチングが低いと評価されたのだと予想しています。まあここまでは想定の範囲内。

なお、同じ検索ワードの結果として、リニューアル後の新しいURLでも少し下の順位でインデックスされているページが表示され始めています。これも想定の範囲内。

これでそのまま放っておいても良いような気も少しするのですが、なにせ中身は同じ記事ですので、同じ会社のページであっても重複コンテンツと判定され評価がさがる危険性があります。301リダイレクトしていればその心配は無いですが、今回はそれをしないでどうなるかのテストです。そうはいっても何もせず手をこまねいている訳ではありません。

 

URLの削除

301リダイレクトせずにリニューアルした場合の対処法として、今回の実験ではURLの削除を行いました。

URLの削除は、ウェブマスターツールから行います

ウェブマスターツールのダッシュボード → Googleインデックス → URLの削除で、検索結果から削除したいページのURLを登録します。

削除するのは、もう存在しない旧ホームページで制作したコンテンツの相対パスでのURLです。

削除にはリクエストを出してから数日掛かるものかと思っていましたが、今回の場合は3時間くらいであっさり削除されていました。ちょっと怖い位です。おそらくSEOチームのスタッフの方々が目視しているだと思いますが、こんなに早いなんてビックリです。

これですぐに回復するとは思っていませんが、マッチングしていないインデックスは削除されたので、徐々に評価が回復していくと期待しています。

特に問題なく順調に回復してくれれば、リニューアルに多大なコストをかけられない中小規模のWebマスターにとって有意義なノウハウになる筈です。期待してください。

また経過は随時ご報告してまいります。


Tagged on: ,