モバイルフレンドリー対応のお問い合わせ

先日、グーグルがモバイル対応されているかどうかを評価の基準に加えるという記事を書きましたが、関連したお仕事のご依頼やお問い合わせが増えて来ています。

もっとも発表されてから書いた記事ですし、適応される時期が4月21日と目前に迫っていますから、同じタイミングでお問い合わせいただくのは当然かもしれませんね。

ご相談の内容としては、自社のサイトがモバイルフレンドリーになっているのかどうかの確認と、モバイルフレンドリーになっていないと分かった場合の対処についての事がほとんどです。

特に、開始まで時間がないので、取り急ぎ最悪の事態にならない為に今から何ができるのか、といったご相談内容が多いです。

これについては、取り急ぎ前回もご紹介したGoogleのモバイルフレンドリーテストで「問題ありません」と判定されるページにすることがまずすべき事だとお答えしています。

しかし、それだけで終わりにしてはモバイル対応・モバイル対策が終わったとは言えません。

なぜなら、モバイルユーザーは本来デスクトップユーザーと違う行動をするものだからです。

グーグルがモバイルフレンドリーという概念を強化するのは、モバイルのユーザーが増大しているからという理由からだけではありません。

モバイルとデスクトップでは、ユーザーが求めるもの、そしてウェブマスターがユーザーに提供できる価値が違い、そしてそれがこれからますますインターネットにとって重要になってくるからです。

つまり、ページの見え方やボタンの大きさを変えただけでは、本来のモバイルフレンドリーの半分しか実現できないことになります。

まずはレスポンシブデザインでページの見え方を修正しつつも、この機会にモバイル向けのユーザー体験を再度よく定義しなおして、根本からサイトを作り直すきっかけにするのも良いかもしれませんね。

弊社ではコンサルティングから入り、納品・運用代行までワンストップでお請けすることも可能です。

もちろんコンサルだけ、4/21用対応だけといったご相談も随時伺いますので、お気軽にお問い合わせください。

お待ちしております。

 


Tagged on: , ,