ブログのネタ帳としてメールを使う

手書きのメモ帳の写真

 

コンテンツを書かなければ始まらない

制作したウェブサイトの評価を上げてユーザーに検索されやすくするには「コンテンツの追加が重要だ」とこのブログでも繰り返し書いています。

そして「コンテンツの追加にはブログが有効」とも書いてきました。

最近制作されたホームページであれば、ほとんどのシステムでブログ機能がついていると思います。

しかし、このブログを効果的に活用されているウェブマスターは少ないように見受けられます。

なぜか?

「何を書いていいかわからない」ことが一番の原因ではないでしょうか。

確かに文章を書くということは面倒くさいし、慣れないと何を書いていいか本当に検討がつかないでしょう。

しかし、面倒だからと何も書かなければ、あなたのホームページはそこから順位が上がる事はありません。

ユーザーから評価を得て検索順位を上げたいと願うなら、良質なコンテンツを書き始めなければ、何もはじまらないのです。

コンテンツを書くには習うより慣れよ

これを克服するには、とにかく書くことを習慣付けるしかありません。「ブログの書き方」みたいな本を買ってきて読むより、とにかく書く練習あるのみです。

まず書く習慣を身につける為にも、とにかく思いついたネタをテキストに落とすようにしましょう。

「テキストに落とす」とは、「キーボードを打つ」ことです。

思いついた事を手書きでメモにしても悪い事はありませんが、手書きだと改めてキーボードで打ち直すという2度手間発生しますし、小さいメモだとどこかにいってしまうかもしれません。

なので、とにかく思いついたらキーボードで打つことをお薦めします。

そして、その為に私がお勧めするのは、メールを使う方法です。

 

メモツール替わりにEメールを使うと便利

巷には、簡単なメモを取れるメモツールやテキストエディタが沢山出ていますが、ブログを書くことにも慣れていない人が使うには、ハッキリ言って敷居が高いと思います。

実は簡単に使えるものがほとんどなのですが、それでもPCの電源を入れて、ソフトを立ち上げて、、などとしている間に、思いついた事を忘れてしまうかもしれません。何より面倒くさいでしょ。

そこでE-maiです。

メモの替わりにEメールを使いましょう。

使うのはPCのメールでなくても構いません。携帯やスマホのメールで構いません(もちろんPCでもOKです)。

ただしこの時、メールの送信先アドレスは一つに統一しておきましょう。できればブログの管理に使っているデバイスでメインに使っているアドレスが使いやすいと思います。

実は(という程の事でもありませんが)メールは自分から自分へも打てます。例えば xxx@sample.com というメールアドレスから xxx@sample.com 宛にメールを打てば、当然ですが xxx@sample.com に新着メールが届きます。

ですので、どのデバイスのどのメールアドレスからでも、思いついたネタはすぐにその時一番使いやすいメールアドレスから、メモ用のアドレス xxx@sample.com にメールとして送っておくのです。

例えばPCのメモアプリを使うとPCが無い場所ではメモを取らなくなりますが、メールをメモ替わりにして送り場所を1つのメアドに集約しておけば、その時近くにあるものからそのメアドに送れば良いので、デバイスを選びません。

メール機能はどのデバイスにもありますし、何より携帯かスマホなら常に身に付けていますよね?

件名は「アイデア」とか「メモ」とかにしておけば分かりやすいと思いますが、なるべく手間無くすぐ打つ意味では、件名を敢えて入れずに「無題」で統一しておくのもアリでしょう。メールを無題で送ってくる人はまずいないので、逆に分かりやすいかもしれません。

こうして、テキストに落とされたネタのアイデアを「メール」一カ所に集約することが可能になります。

あとは時間のあるときに集まったネタを見返し、使える物があれば、そのアイデアをメールからコピーして、ブログの管理画面からペーストすれば、すぐにその続きを書き始められます。

Eメールであれば、特に有料のメモツールを買わなくてもすぐに始められますし、使い方に迷う事もないですから、何の敷居も無く気軽に始められます。

是非お試しください。


Tagged on: ,