地元の記事がSEOに効く理由

優良コンテンツは地域に密着した記事が効果的

地域に密着した記事を書くと、中小規模の事業主にとって優良コンテンツになるのには理由があります。

地域密着記事を書く事によって、うっかり陥りがちな下記の重要要素を補ってくれるのです。

A. 作り手の多くが、自分が地域にいるとこで見落としがあること
B. 検索ユーザーの多くは、自分の地元での情報にしか興味が無いこと

詳しく解説します。

A. ホームページの作成主は、どうしても自分を中心にコンテンツを書いてしまいます。自分が地元にいることが前提でいろいろな情報をつい簡素に書いてしまうのです。簡単にいうと、地元の「地名」を入れなかったりします。

例えば、和菓子屋さんが「創業100年、地元に根ざした営業をしております」という内容のページを作ります。
しかしこれ、肝心の地元がどこだかは書いてないので、検索ユーザーが地名を入れても決して辿り着く事はできません。なぜならGoogleには書かれていない事はインデックスされていませんから(単純化してお話しています)。
自分は地元にいるので、地元がどこだかを書き忘れているのですね。
この場合「さいたまの地で創業100年。地元に根ざした営業をしております」と地名を入れる事で、検索ユーザーの利便性は格段に高まります。

上の例では、一方で全国的に老舗を探している人からの検索順位は下がるでしょうが、ちょっと考えてみてください。例えば北海道のユーザーにさいたまにある和菓子店がヒットしたところで、来店いただける可能性はどれだけあるでしょうか(通販を狙う場合はまた別のアプローチがあります)。
また、エリアを絞らない(絞れない)キーワードは当然競合も多くなるので、上位表示はそれだけ難しくなります。

 

商売をするうえでは、見込み客に絞ったマーケティングをするべき

B. 今度はサイトの制作者とは逆の立場(お客様の立ち位置)で考えると、和菓子を購入したい検索ユーザーは当然自分が買いに行けるところにある和菓子屋の情報を知りたい訳です。

(1) 自分が行ける地域の範囲にある和菓子店の情報を集めて
(2) その中から自分の指向にあう情報をさらに分析して
(3) 実際の購入行動にまで繋げるのです

ところが、ページを制作する側は、(1)を飛ばして(2)のための情報からしか用意していないことがままあるので、実際のお客様の検索行動とページがマッチしないのです。

Googleは今後ますますコンテンツ重視でページの価値をはかっていきます。
「ページの価値」とはつまり、どれだけ検索ユーザーに価値があるか=ユーザのニーズにこたえるか、です。

ユーザーの側に立った目線でコンテンツを作成しましょう

弊社では、webマーケティングのコンサルティングもお請しております。
所沢を中心とした埼玉地域、都内全域等なども対象ですので、お気軽にご相談ください。


Tagged on: ,