コンテンツ作成の具体例 キーワードの広げ方

サイトを運営してきてある程度データも蓄積されてくると、SEOを強化するためにどんなキーワードが有効か考えられるようになります。

コンテンツ対策の王道は、自社サイトへ自然流入しているキーワードそのものや、それに関連するキーワードでコンテンツ(ページ)をどんどん作成していくことです。

例えば、お菓子屋さんのページへの流入が「XX市 大福」であれば、XX市と大福を本文のテキストに含むページを充実させていきます。
※ただしあくまでも内容を伴うコンテンツでなくては意味がありませんので、ちょっとだけテキストを変えただけでコピペしたようなページはダメです。かえってスパムとしてマイナス評価される危険さえありますので、絶対にやめて下さい。
コンテンツの作り方の具体例としては、

  • XX市で大福のファンの方10人にインタビューしました
  • XX市の大福ランキング
  • XX市の大福の歴史
  • スクープ!XX市店とYY市店の大福は実は違う味だった!

のようにあるキーワードから関連して横に広げて行くイメージが分かりやすいと思います。

ところで、キーワードを選定するときには、Googleアナリティクスとウェブマスターツールとキーワードツールのどれを参考にするべきかという疑問があるかと思いますが、それについてはこちらの記事を合わせてお読みください。


Tagged on: ,