設定したキーワードがGoogleにどう認識されているかを確認する方法

コンテンツの重要性は本ブログでも何度も記事にしています。

検索エンジンはコンテンツを何で評価しているのか

ところで、検索エンジンはコンテンツを何を基準にして評価しているのでしょうか?

もちろんリンクは重要なのですが、「コンテンツ」として考えた場合はやはり含まれているキーワードが重要になっています。
もっともサイトの制作者は、あるテーマに沿ってコンテンツを作成している訳ですから、そのテーマに関連するキーワードは自然と入ってくると思われます。
それでもやはり、サイト全体のコンセプトや設計にあったキーワードが、想定通りにGoogleに認識されているかは、定期的に自身で確認することをお勧めします。

もしキーワードが、意図した通りに認識されていない場合は、対処が必要です。

 

キーワードをウェブマスターツールで確認する

キーワードがGoogleにどのように認識・評価されているかは、ウェブマスターツールで確認することができます。

色々な会社がリリースしているSEO評価ツールにもキーワード評価や認識の機能がありますが、それらは結構間違いも多いので参考程度に考えて、基本的にウェブマスターツールを使いましょう。

「キーワード」の確認のしかたですが、ウェブマスターツールにログインし、確認したいサイトのダッシュボードを表示したら、左メニューのGoogle インデックス>コンテンツ キーワード をクリックします。

これで、あなたのサイトで重要なコンテンツキーワードだとGoogleが認識している、キーワードの一覧が表示されます。

重要度と順位も表示されますので、この順位や重み付けが、意図したものと合っているかチェックしてください。

もしまったく評価されていないとか、想定よりとても低い場合には、そのコンテンツを含むページがちゃんとインデックスされているか確認しましょう。

インデックスされているかは、 site:https://www.fujiyamaworks.jp のように「site:サイトのURL」を入れてGoogleで検索すると確認できます。
urlを確認した結果の中に、インデックスさせたいページが表示されていなければインデックスから漏れていますので、ページの設定やソースを確認してください。
WordPressの場合はこちらの記事も参考になるかもしれません。

すべてインデックスはされているけれどもそれでも評価が低い場合は、サイト全体の文脈やソースそのものの問題等いろいろなことが考えられますので、正確には詳細な分析が必要です。

ただし大抵の場合は出現率のチューニングである程度の改善が可能です。

 

ページのキーワードをチューニングする

意外と多い事例として、書き手の「くせ」による修飾語の多用が重要キーワードと認識されている場合があります。
例えば、文章にすぐ「例えば」を使ったりw、「という」とか「ことほど左様に」などをよく使っていると、キーワードとして認識されてしまうことがあります。
これらの癖で書いている言葉が、キーワードとしてランクインしている場合には、なるべくそれらの言葉を使わずに、簡潔で要点にフォーカスした文章に修正しましょう。

その他、認識されてはいるけれども順位が微妙な場合には、まだコンテンツの量が少ないと思われます。
テーマに沿ったコンテンツの強化をしましょう。
ただし、量を増やすことだけを目的として、内容の薄いページを乱造したり、1ページの中に脈略なくキーワードを詰め込んだりすると、むしろ評価を下げる結果になるので注意は必要です。
あくまでも検索ユーザーの利益になる内容の記事をがんばって増やしてください。

また、本来コンテンツやキーワードとしては考えていなかったページに含まれる単語が、重要キーワードとして認識されている場合もあります。

プライバシーポリシーや資料としてアップしているPDFなど、ある特定のページに集中している場合は、robot.txtの設定や、noindexタグ、nofollow属性などを正しく使ってそれらがインデックスされないように制御します。

コンテンツキーワードであることは間違いないのだけれど、古い記事や埋め合わせで書いたページが、思いがけず評価されてしまっている場合もあります。
それらが強化したいキーワードと関連が低いのにむしろ設計したキーワードより重要度が高くなってしまったりしていると、百害あって一利なしです。
インデックスが1ページ減ると勿体無い気がするかもしれませんが、ここは思い切って切り離しましょう。

それから、「では」「ので」「から」など、普通の文章にどうしても使ってしまう言葉がキーワードとして認識されている場合もありますが、これはどうしようもないですね…
とはいえ、なるべくそれらを使わずに済むよう文章を改善できれば、少しずつでも評価は変わってきますので、余裕のある時に修正を検討してください。

以上概略だけになりますが、ウェブマスターツールを使ったコンテンツキーワードの確認方法と、チューニングのさわりでした。
更に詳しいコンサル等のご相談がございましたら、問合せフォームからお願いいたします。