県別”ホームページ制作”の競争率を考察してみたら驚愕の事実が発覚

弊社はホームページの制作やウェブデザインが主な業務です。

集客は主に自社ホームページを使ったウェブマーケティングですので、”集客キーワード”の競争率は気になるところです。

で、実は正直に書くと、最近「地域名+キーワード」の検索順位が弊社では不安定になってきています(ウチだけじゃないかも?)。

例を上げると、埼玉県を地元とするウェブデザイン会社の弊社としてはぜひ押さえたいところの「埼玉県 ホームページ制作」で検索しても、上位表示が難しくなってきています。

それで「これって埼玉のウェブ業界の競争率が上がったからなんじゃないか?」と仮説を立てまして、少し調査してみました。

とりあえずは関東各県の、人口と「〇〇県 ホームページ制作」のヒット数とその割合を調べてみました。

結果はこちら↓

人口 「ホームページ制作」キーワードヒット数 対人口比
東京都 13,350,000 1,150,000 8.6%
神奈川県 9,070,000 1,070,000 11.8%
千葉県 6,148,000 969,000 15.8%
埼玉県 7,150,000 963,000 13.5%
茨城県 2,960,000 797,000 26.9%
群馬県 1,991,000 791,000 39.7%
栃木県 1,989,000 770,000 38.7%

まず埼玉のキーワードヒット数の調査から始めて、次に東京都のヒット数を調べたのですが、その時は「やっぱ東京になるとヒット数が一桁あがるな。スゲーな」と感じたものです。

このときはまだそれだけの感想でした。このあと少しして、恐ろしい事実に気がつくことになるとも知らずに・・・

地元の埼玉県、東京都ときて、あとはお馴染みの順番、神奈川県>千葉県>群馬県>栃木県>茨城県と調べエクセルに数字を入れながら何となく違和感を感じ始めました。

ヒット数を一通り調べ終わったところで、今度は各都県の人口を調べていき同じくエクセルに入力し、集計したところで、違和感の正体に気がつきました。

なんと、人口が少ない県でも、「ホームページ制作」キーワードのヒット件数は多い県と比べてもそれほど減らないのです!!!

愕然としました。もう埼玉県内の競争率とか言っている場合じゃないです。

確かに、人口が少ない県の方が、ヒット件も数絶対数は少なくなります。

しかし例えば関東で一番人口の少ない栃木県の対東京都の人口比率は15%ですが、検索ヒット数の比率で言うと東京の67%です。

単純計算で、栃木県は東京都の4.5倍の競争率です。

つまり人口はすごく少なくなるけれども、ホームページ制作でヒットするページはそれほど減らないどころか結構多いということです。

もちろん「ホームページ制作」がそのままイコールでホームページ制作事業者という訳ではないでしょうが、それでも「栃木県 ホームページ制作」というキーワード検索に対する競争率が高くなることは紛れも無い事実です。

念の為全国でも調べてみましたが、この傾向は日本中で同じでした。

いやー、もう埼玉県で不安定になったとかいうレベルではなく、全国的にはもっと熾烈な競争が行われていた訳です。

埼玉はせいぜい東京の1.5倍強の競争率です。

埼玉で検索順位がちょっと不安定になった位でがたがたせずに、根本的なコンテンツの充実に注力すべきと改めて気がつかされた次第です。

反省