インデックスステータスの変動にタイムラグがあった

サイトリニューアル後に4日経過してから順位変動が起きた事を前回報告しました。

私はwebmaster toolsのチェックを日課としていますが、特に見ているのは検索クエリとインデックスステータスの変動です。

ところで2日前にURL削除をしましたが、インデックスステータスの数字は一向に減っていないので、少し違和感を感じていました。まあウェブマスターツールの数字はいつもタイムラグがある(集計タイミングと時差の関係だと思われる)のでそれほど深刻に考えてはいませんでしが、本日のデータで大きな変動がありました。

で、減ると思っていたインデックス数が逆に大きく増えています。

増えているのは、旧ホームページのインデックスと、新しく制作したホームページの両方が同時にインデックスされてしまっているためと思われます。

どうやら新たなホームページ分のインデックス数が「ステータ」に反映されるのには、思っていた以上のタイムラグがありそうです。なおインデックス自体は2日後にはすでにされていましたので、数字としてのステータスへの反映、もしくはレポートとしての反映だけが遅れるのだと思われます。

一方データの詳細を見ると、削除済みURLの数字はまだ上がっていません。削除から2日経過していますが、こちらもまだ集計結果には反映していないようです。

インデックスの増えたタイミングを勘案すると、削除済みの数字が反映するのにもあと数日かかるでしょうか。

ところで、このタイムラグがSEOの結果としてどう現れるのか、自分のことながら非常に興味深いです。

対策をどう取るべきか、課題は多そうです。

今後に役立つ知見となると思いますので、研究を続けるとともに引続きレポートしていきます。


Tagged on: