ウェブマスターツールに登録してからインデックスされるまでの時間

インデックスされるまでの時間

ホームページを作りSEO対策を実施した際に「ウェブマスターツールに登録したけど、まだ出てこない」「エラーなんじゃないか」というご相談を受けることがあります。

特にホームページを作成して最初の登録をした方から、この質問を受ける事が多いです。

イメージ的には、サイトを登録したらすぐにインデックスされて検索にもヒットすると思いがちですよね。

しかし実際にウェブマスターツールにデータが反映されるには、最初に登録してから約1日以上かかります。

自分の体感では登録した翌日にはウェブマスターツールにデータが出てくることが多いと感じていますが、24時間経過後でもインデックスされないこともあります。

正確な時間は残念ながら不明ですが、おおむね二日以内には登録されているようです。

 

実際のインデックスとデータの反映にはタイムラグがある

なお、インデックスはされていても、ウェブマスターツールへのデータの反映が遅いだけの事もあります。もちろんこの場合には検索にはヒットする状態になっています。

インデックスステータスの「ページの総数」が1以上なら確実にインデックスされています。ただし、この数字が0でもグラフが表示されていて、なおかつウェブマスターツールのホームにサイトのキャプチャ画像(ページのイメージ画像)が出ていれば、おそらくちゃんとインデックスされています。

実際にはインデックスはされて検索にもヒットする状態だけれども、グーグル側でのデータ集計が終わっていないタイミングなのでウェブマスターツール上には反映していない状態であると思われます。

Googleウェブマスターツールのヘルプフォーラムには以下の記述があります。

ウェブマスター ツールにサイトを追加してから、診断データやその他のデータが利用可能になるまでには、しばらく時間がかかる場合があります。これはウェブマスター ツールがサイトのデータを収集して処理するのに多少時間がかかる場合があるためで、エラーではありません。通常、「データがまだありません」というメッセージが表示された場合は、しばらくしてからもう一度確認してください。サイトが頻繁にクロールされるようになると、ウェブマスター ツールにさらに詳細なデータが表示されるようになり、データの更新頻度も高くなります。

この状態になれば、あと数日以内にはインデックス数も増えてくると思われますが、どうしても心配な方は実際に検索をしてみてヒットするか試してみるのもアリです。

ですがこのときはなるべくユニークで他のサイトには当てはまらないだろうキーワードを入れましょう。例えば商材だけでなく代表者の名前とか住所など自分の会社にしかない情報を入れて、自分のサイトが出てくればインデックスされていることが確認できます(ただしホームページに記載されていない情報はヒットしませんのでご注意ください)。

また、クロールの頻度を上げる方法ですが、これはウェブマスターの側で調整できる項目ではありません。サイトの更新をまめに、なおかつ有益な情報を発信し続けると、自然とクローラーの訪問頻度が上がっていきますので、更新をがんばりましょう。


Tagged on: ,