たとえば病院のホームページを作る時に考えるべきこと(基本編)

今回は、例えば病院のホームページを作るときのことを想定して、考慮すべき事柄を考えてみます。

といっても、ここは地元密着型のブログですので、大病院ではなく個人病院や比較的小規模の病院等で、なるべく自力でサイトを作りたい方や、外注で作ってもらったはいいが全然アクセスがなくて何が悪いのか困っているような方を対象にして、以下解説します。

まず、病院のサイトを作るときですが、何をホームページで発信するのか考えます。
このときの注意点ですが、前のエントリにも書きましたが、病院側が何をアピールしたいのかではなく、お客様(この場合は患者)はどんな情報を知りたいかを考えなければいけません。

院長がどこで学位を取ったとか、留学先はどこだとか、どこの学会で何をしているとか、、そんなことが医院(特に院長の)側からは一番アピールしたい情報かもしれませんが、ウェブマーケティングではそれは二の次の情報にしましょう。

何が一番重要かは、病院を見つけようとしている検索ユーザーがどんなことを考えて検索するかを考えると見えてきます。

まず、インターネットで検索する理由は、その事柄に対し自分が詳しくないか、不安があるからです。
病院を探す状況でいえば、ある症状になっているときに、その症状に対応する病院が、自分が行ける範囲で、行ける日の、行ける時間帯にあるか、などを判断する情報が無いから検索するのです。

それらを補完する重要な情報は、以下のようになると考えられます。

  • 診察内容(専門用語だけでなく症状等も)
  • 診察日、休診日
  • 診察時間
  • 住所
  • 最寄り駅
  • バス停
  • 駐車場
  • 薬局
  • 急患
  • 保険(出先等で保険証を持っていない時の対応等も)

このあたりが基本情報でしょうか。

これ、当たり前にサイトにある情報だと思われるかもしれませんが、意外とサイトトップに出ていないことが多いのです。
TOPページにはイメージ画像と『当院はみどり豊かな自然の〜』みたいなコピーが書いてあるだけで、肝心の情報は下層ページの何番目かにやっと出てくることが少なくありません。

HTMLさえおかしくなっていなければインデックスはされると思いますが、これでは検索エンジンからの評価は残念ながら高くはなりません。

同エリアに同カテゴリーの競合する医療機関があった場合、そちらがキーワードの順位付けを適切に行っていれば、競合の方が上になる確率が高いです。

逆にいうと、検索にヒットした後のことばかり考えてコンテンツを作っても、患者さんが知りたい情報が薄いサイトではGoogleの順位が上がらないので、結果の表示も低くなってしまいます。

対応する病院が見つかったその後ではじめてその病院がどんな病院か、評判はどうなのか等を知りたいと思い、クリックするのです。まずクリックするのは患者に取って知りたい情報が漏れなく分かりやすく載っているサイトの方なのです。

だから、最初はイメージ戦略は置いておいて、一番ユーザーの為になる情報をしっかりと揃えるところから始めましょう。

ここまでは基本編です。

次回はもう少し具体的につっこんだ解説をします。お楽しみに。


Tagged on: , ,