EFO / CFOとは

とにかくただ人を集めることや広報だけが目的のサイト運営もありますが、商店主や中小企業が運営するホームページであれば、明確な目的があるでしょう。

ウェブページからの会員獲得であったり、お問い合わせの受付であったりする場合、ホームページへ誘導したユーザーを如何にその目的の行動まで落とし込むかが重要になります。

ウェブ経由で会員登録や問合せをする場合、エントリーフォームや問合せフォームへ各種情報を入力して送信してもらうことになります。

実はこのエントリーフォームや問合せフォームの作り方次第で、獲得率が大きく変わるのです。

ホームページの効果を計る指標として一般的なものにPV(ページヴュー)やUU(ユニークユーザー数)がありますが、これらはホームページが見られた数や来た人の数で、目的の行動をした人のデーターではありません。

SEOとは、誤解を恐れず狭義でいえば、このPVやUUを増やすところまでの施策でしかありません。

サイトを見てくれた人すべてが会員登録してくれる訳ではありません。そこから会員登録していただくには、誘導するまでとはまた別の工夫をする必要があるのです。

そこで、呼び込んできた人を如何にエントリーフォームの送信にまで繋げるかに特化した最適化のことをEFO/エントリーフォーム最適化(CFO/コンタクトフォーム最適化という場合もあり)と呼んで、SEOとは分けて考えるのです。

ECサイトの場合はショッピングカート最適化といったりします。

幸いにもSEOが効果を発揮してあなたのホームページのPVは右肩上がりに増えているのに、肝心のお問い合わせや見積り依頼が増えていないとお悩みの場合は、「問合せフォーム」に問題があるのかもしれません。

フォームになにか問題があって問合せに至っていないとすれば、適切なEFOが問合せ件数を増やすことに繋がります。

具体的なEFOでの最適化ポイントは、情報を入力させる順番だったり、大文字や小文字の問題だったり、送信ボタンの色や大きさだったり、とにかく多岐に渡るので簡単に一言では説明できません。

また、これといった単純正解な答えは無く、それぞれのサイトの状況を鑑みてチューニングしていく手法の方が、効果が出やすいです。

具体的なご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせフォームからご連絡ください。(←これもコンタクトフォーム最適化の一つですね^^)

それでも、押さえておくべき基本的な手法はいくつかありますので、それはまた改めてご紹介いたします。
お楽しみに。


Tagged on: ,