ECサイトのブログに商品詳細をそのまま載せると重複コンテンツになる?

コンテンツ対策としてブログを活用しましょう!と、このページでも何度も書かせていただいていますが、実際にブログを更新していくとなるとなかなか簡単にはいかないようです。

弊社で制作したクライアント様のホームページには、ほとんどすべてと言っていいくらいブログ機能を入れさせていただいています。

もちろんサイトに優良コンテンツを増やしていくための仕掛けの一つとしてです。

しかし、もちろんブログ機能を入れただけでコンテンツが増える訳もなく、結局は誰かが記事を書いてアップしなければいけません。

で、この「記事を書く」というのが多くの方に取って困難もしくは苦痛な作業のようで、なかなかコンテンツを増やせないのが現状のようです。

どんなことを書けば良いのかを質問されることも多くあり、そんな時は「お客様に言われた事を書いてください」「問合せがあったらそれを書きましょう」などというアドバイスをしたりするのですが、それでもピンと来ていただけないこともあります。

そんな時は、「まず商品そのものを一つ一つ紹介していきましょう」といった提案することもあります。

とにかく書く事を習慣付けてもらい、ブログの更新自体に抵抗感を無くしてもらうことが先決だと考えています。人間ちょっとした抵抗感で本来の力を発揮できないことも多々あり、慣れればあれほど難しかった「記事を書く」ことが全然苦じゃなくなるどころか、楽しくなったりするものです。

自社で扱っている商品(商材)のことならば、扱っているご本人はとても良く知っている筈ですし、プロとしての様々なノウハウやウンチクもお持ちの筈ですよね。そしてその知識やノウハウが、検索ユーザーにとってのまさに優良コンテンツとなりうるのです。

 

しかしここで、SEOに少し詳しい方は、同じドメインで通販も行っている場合、そちらの商品詳細ページと内容が被って「同一コンテンツ」と見なされて評価が下がらないのか?と、気になったのではないでしょうか。

結論からいえば、同一ドメイン内で通販の商品詳細ページとブログ記事で同じような内容を投稿しても、重複コンテンツとして評価が下がる危険性は低いです。一字一句同じでなければほとんど心配する必要はないでしょう。

それでも全商品分まったく同じ内容をコピー&ペーストしてページを増やし続けたりすれば評価が下がるリスクはあります。ただしそれは「重複コンテンツ」というよりも、インデックスを不当に増やす為に無意味なページを機械的に量産するスパム行為としてペナルティ判定される可能性の方が遥かに高いと言えます。

とはいえ、少しでもリスクを低減しプラス面の要素は増やせるように、なるべく細かい言い回しや表現を変えてまったく同じ文章ではないような工夫をできるだけ心がけて下さい。

なお、重複コンテンツになる可能性は低いとはいえ、かといってどれも似たような内容では情報のバラエティ度も増えていないので、プラス評価もされにくいです。ページが増えるのでインデックス数が増える効果はありますが、キーワードのバランスが偏る危険性もあるので、筆者個人的には商品紹介だけに頼ったブログ投稿はお薦めしません。

あくまでも商品の紹介記事は「ブログに慣れる」ことが目的で、書くことに慣れてきたら徐々に派生する話題やお客様のこと、とっておきのノウハウ等に投稿の幅を広げていきましょう。

コンテンツの幅が広がった後は、話題の新商品の発売等ここぞと言う時にだけ商品の紹介記事を織り込めば、その商品紹介も際立つというものです。


Tagged on: , ,