BESPOKE TOKYOはBASEでつくりました

BESPOKE TOKYOのロゴ

弊社が運営しております帽子の通販サイト BESPOKE TOKYOですが、現在のサイトはBASEを使って作成しました。
http://www.thebase.in/

ご存知の方もいるかと思いますが、BASEは「ネットショップを無料で簡単に作成」できるサービスです。
30秒でしかも完全無料と謳われていますが、実際にはまあ1分くらいは最低かかかります^^;
それでも非常に簡単にできることは間違いないです。
もう簡単すぎて、弊社にようなウェブ制作の会社は商売上がったりの筈なサービスです。

でもなんでそんなのを使うんだ?といわれそうですが、使ってみた理由は2つ。

1つは、敵情視察。
BASEのような簡単にwebサイトが持てますよー的なサービスは、今後もどんどん増えてくるでしょう。
ECサイトだけでなく、企業のコーポレートサイトや病院の予約サイトなどその範疇も広がって行くでしょう。
そのときに対抗して自社の強みを発揮する為に、表面的だけでなく自分でも実際に使ってみて本質を把握しておこうと考えました。
すでに見えてきたものもありますので、それは今後の自社サービスに活かしていきます。

もう一つ、2つめは、やはり簡単で便利だからですね^^;
競合に思えるサービスですが、総合的に考えて使うほうが自社にメリットがあるのだったら、使わないことはないんじゃないか、と思います。
通販サイトを作るためには、デザインやコーディングは当然必要ですが、その他にも決済方法の契約やそのシステムの組み込みだったり、法規的に必要なページの確認や制作も必要になります。その準備や制作も含めればそれだけでも例えば100人月とか平気で掛かってしまいます。
それらが節約できるだけで、かなり節約になりますよね。

ある程度リアルビジネスで商売が見えている会社であれば、ECサイトの制作に最初からそれなりの投資もできると思いますが、個人や小規模の会社が「とりあえずどんなもんかEC初めて見ようかな」というレベルであればなるべく初期投資は抑えたくなりますよね。

少し前であればEC CUBEで構築するというのがポピュラーでしたが、自分で勉強するのも実は簡単ではないし、制作会社に外注するにしても最低でも数十万単位が普通でした。
WordPressもありますが、カートの導入とか考えるとやはり勉強が必要だし、人に頼むとお金が掛かる。
カラーミーショップ、ショップサーブ、MakeShopなどのASPも月額費用は必要です。

その点、BASEはデザインの自由度など制限はかなりありますが、とりあえずECサイトを初めてみるという点では、本当に画期的に簡単で初期費用も基本的にタダのすばらしいサービスです。

ただし、少し使い始めるといろいろ物足りないことろが見えてくると思うので、その時にある程度投資を念頭において、自社オリジナルの通販サイトの構築を検討すれば良いのではないでしょうか。

そして、その際は是非弊社へのご用命をお願いいたします^^;
お問い合わせはこちらからどうぞ。見積りは無料ですので。


Tagged on: