Apple Watchを予約してしまいました

apple

4月10日からアップルウォッチの試着および予約受付が開始されました。

正直にいうと発表されてからの情報を見たり聞いたりしてもアップルウォッチにはそれほど興味がなかったのですが、昨日たまたま試着してしまったところ、事前の情報なんかまったく関係なく、これはすごいデバイスかもしれないと思ってしまいました。

当社の原宿オフィスはソフトバンクショップ表参道店の近くにあり(アップルストア渋谷表参道も近くです)毎日通勤でソフトバンクショップの前を通るのですが、昨日は少し早めにオフィスに着きそうで時間に余裕があったところ、アップルウォッチコーナーに人がほとんどいなかった(2組しかいなかった)ので、どんなものかちょっと見るだけのつもりでショップに入ったのです。

最初は見ていただけなのですが、ショップのおそらくApple Watch専任のスタッフの方に「今なら待ち時間なしで試着できますよ」と声をかけられて、それならと試着だけするつもりでお願いしました。(これがその後まんまと試着だけではすまなくなったのですが^^;)

報道写真やAppleのウェブで写真を見ているだけのときは、なんだか無骨で全然カッコいいと思わないどころか格好わるいとさえ感じていましたが、実物はとてもまとまっていてクールでした。また、ものすごくデカい印象も持っていたのですが、腕に付けてみるとそんなことはなく、Gショックとかの大型腕時計よりもむしろ腕への収まりはいい感じです。

4種類のタイプを試着させてもらった(普段は3種類までらしい)のですが、バンドの種類がいろいろあるので折角だからとそれぞれ別のものを試させていただいて、どれも普通のバンドではなく趣向が凝らされており実に感心させられました。

普通この手のガジェット系のものが出るときは、本体には力を入れても付属品的なものにはそれほど力が入らないものです。今までリリースされているスマートウォッチって大抵バンドはやっつけ感のある樹脂製で、機能だけで評価してくれとでもいわんばかりです。

しかしそこはさすがにアップル。むしろ時計バンドのような本来のコンピューター的な内部ではないところの細部にこそこだわってみせて、コンピューターメーカーが作った単なる「ガジェット」ではなく、きちんと「腕時計」として成立する製品だということを示したのだと思います。

もちろんアップルが作るからには今までの腕時計と同じ訳はありませんが、正面からガチンコで今までの腕時計と勝負するために、まずは相手の土俵に乗ってそのうえで今までの腕時計にない新たな価値観を提示する方針なのでしょう。
「これは腕時計じゃないから時計の価値観は不要です」としたのでは、既存の腕時計ユーザー(腕時計ファン)は取り込めません。腕時計としても十分満足できる製品レベルになってはじめて今までの腕時計のマーケットに入り込めると理解して、十分以上にそこに投資した訳です。

これは凄いことです。多くの経営者がなんとなくわかっているけれど「そこまでしなくてもいいだろう」と思っていることをアップルはやったのです。

もちろん中身も良くできています。まだアプリをいろいろといじれた訳ではありませんが、物理ボタンだけでなく、タッチスクリーンの反応も素早くてストレスのないものでした。画面が小さくてもアイコンを選択しにくいということもなく、ユーザーインターフェースを相当煮詰めたことが窺い知れます。

 

という訳で、筆者は10分足らずの試着ですっかりApple Watchの虜になってしまい、2時間後にはApple Watchの特設サイトから予約をしてしまいました。

そして更に久々にiOSアプリの開発をする気にもなっています。

しばらくWeb制作が多かった弊社ですが、並行してAppleウォッチ対応のアプリを開発することにしました。そこまで2時間で思わせるアップル凄い。

それくらいインパクトのある製品です、アップルウォッチ。

スマートフォンで今の生活が少なからず変わったように、このアップルウォッチというデバイスも我々の生活を変えるかもしれません。

届くのが待ち遠しいです。

 


Tagged on: