キーワード選定にGoogleアナリティクスとウェブマスターツールどちらを参考にするべきか

集客キーワード分析

SEOの勉強をすすめていくと、集客キーワードの分析にはGoogleアナリティクスを使うと教えられることが多いと思います。

一方でキーワードを選定する補助ツールとして、AdWordsのキーワード運用ツール(キーワードプランナー)を教えられることも多いでしょう。

そして、検索トラフィックを分析するツールとしては、ウェブマスターツールがあげられるでしょう。

となると、実際にサイトを運用してSEOを実施していくWeb Masterである皆様自身は、実際にキーワードを考えてコンテンツの作成をしていくときに、一体どのツールを使うのがもっとも良いのか、悩まれるのではないでしょうか。

今回は、上記のツールの違いを踏まえ、キーワード選定の方法を解説します。

キーワードに関する各種ツールの違いの簡単なまとめ

  • Googleアナリティクス:ブラウザで JavaScript を有効にしているユーザーのトラフィックのみがトラッキングされる。また、プライバシー保護のため暗号化によりオーガニック検索のキーワード情報が取得できない(not provided)が多い。
  • ウェブマスターツール: 「検索クエリ」は、そのページが検索結果に表示されたキーワード検索クエリの総数。そのためこの値はずっと小さな値になります。Google がそのサイトで見つけた最も重要な単語が表示される。
  • AdWordsキーワードプランナー:ウェブ全体における、そのキーワードに対するユーザー クエリの総数が表示される。

うーん、これでもなんのことやら意味がわからないという方が多いかもしれませんね・・・

では、さらに噛み砕いてざっくり特徴と違いを書きます。

  • Googleアナリティクス:実際にサイトに入ってきた検索キーワードのデータ。だけど秘密(not provided)が多くてロングテールが拾いにくい。
  • ウェブマスターツール:サイトに誘導できたキーワードではなく、あるユーザーが「何かのキーワード」で検索したときにGoogleがこのサイトを○位に何回表示して何回クリックされましたよというデータ。つまりグーグルがあなたのサイトは「何か」のキーワードで世界○位の価値があると判断している指標ともいえる。
  • AdWordsキーワードプランナー:キーワードの候補で表示されるデータは、そのキーワードは任意で設定した条件において何回検索されて何回クリックされるでしょうという見込み数。過去の検索データをもとにしたシミュレーションなので、そのキーワードが世間的にどれくらいニーズがあるかの情報になる。

なんとなく違いがわかりますでしょうか?

つまりこういうこと

  • アナリティクス:今サイトに実際に流入できているキーワードはこれですよー(だけどプライバシー保護のため全部は見せられないから参考程度だよ)。
  • ウェブマスターツール:Googleはあなたのサイトをこんなキーワードにマッチしてると思ってますよ。そのキーワードで何回表示して、うちあなたのサイトのクリックはこれくらいでしたよー。
  • キーワードプランナー:このキーワードで広告をだせばこれくらい広告が表示されてこれくらいクリックされると思いますよー。ただし入札単価で変動するからあくまでも参考程度にしてくださいねー。

違いを踏まえた上で各ツールの効果的な使用シーン

【Google Analytics】

すでに特徴が立っていて、効果を上げているキーワードをさらに強化するなら、アナリティクスをみるのが良いでしょう。not providedの中身が気になる場合には、ウェブマスターツールを併用して分析するのが良いでしょう。さらに精度が高まります。

【Webaster Tools】

ある程度コンテンツが増えたうえで、今自分のサイトが狙い通りのキーワードで評価されているか?コンテンツへの流入が実際にはどんなキーワードで検索された結果なのか?思いがけないキーワードからの流入は無いか?Googleがこのページをどんなふうに評価しているのか?を分析するには、ウェブマスターツールが良いでしょう。
私見ですが、ロングテールを狙うにはWebmaster toolsが一番参考になると思います。

【AdWords Keyword Planner】

これからコンテンツを作りはじめる際に、自分のサイトはこんな狙いでこんなキーワードを考えているのだけれど、それで本当のところはどれくらい検索されるだろう?そのキーワード選定は正しいのか?その商材ならもっと他に適切なキーワードがあるんじゃないか、あるとしたらどんなキーワードがあるだろう?等を検討するには、キーワードプランナーを参考にすると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。
分かりやすく書いたつもりでしたが、まだよくわからないという方は、こちらの問合せからご質問ください。
ちょっと興味があるのでコンサルの話を聞いてみたい等もお気軽にコンタクトフォームからお問い合わせください。見積りは無料です。

上記ではさらっと書き流しましたが、(not provided)の中身を分析(予測)するやり方に関しては、また別項に書きたいと思います。お楽しみに