AMPフィーバーはコンテンツを更新しなかったら一瞬で終了しました

AMP対応でクロール頻度が上がった

AMP対応をブログに試験的に導入した結果、クロール頻度がかなり劇的に上がり、そのせいか全体のクリック数も若干アップしました。

amp化に関するエントリにもアクセスがありましたので、その効果もあるのだと思います。

ampに関する記事はすでに世の中に大量に出回っていますが、Search consoleの検索アナリティクスで確認すると、私の書いた記事もいくつかのキーワードで10位以内に入っていたようです。

 

更新を怠ったらクロール頻度が急速に元に戻った

しかし10日ほど更新をしていなかったからか、すでにクロール頻度は以前の水準に戻り、アクセス数も落ち着いてしまいました。

ざっくりいうと、AMP対応をして AMP DNSにキャッシュされはじめてから毎日更新している数日間はクロールのフィーバー状態(普段の10~30倍)が続き、更新を1週間怠っていたらあっという間に元の水準に戻りました。

これはAMP対応の結果なのか、AMPとは無関係にたまたまエントリした記事がそのときの検索トレンドと相関していたのか、それはまだわかりません。

 

そして再度AMPページを追加してどうなるかテストしてみる

そしてこの記事は、前回の投稿から中10日明けた投稿になります。もちろんこのエントリもAMPページになります。

このエントリをアップ後、クロール頻度がどう変化するかで、ある程度の傾向が見えてきそうな気がします。

何かわかりましたらまたこちらで報告しますね。

それまでお楽しみに

では